【2019~2020年版】10,000円の予算でおすすめの掃除機をご紹介!

スポンサーリンク
予算1万円で探すクリーナー 予算別、おすすめの掃除機

 このページでは、予算1万円前後でできるだけ良い掃除機を購入したいというテーマのもと、全メーカーを徹底的に調べ、管理人おすすめの1万円クリーナーをご紹介しています。
※家電製品は在庫状況などにより価格に変動があるため、定期的に価格を調査しておすすめ商品を入れ替えています。

 1万円というと、クリーナーとしては一般的に廉価帯になるところなので、 使用環境としては一人暮らしの方向けのものといった用途が多いため、基本的にはシンプルタイプのクリーナーが多く、多機能な機種は多くありません。

 また、現在主流ともいえるコードレスクリーナーでは、この価格帯ですと性能面でなかなか厳しいものがあるため、おすすめとしてはコード式のキャニスター型クリーナーのほうが多くなります。

スポンサーリンク

2019年12月更新:現在おすすめのクリーナーはこちら

1位:シャープ POWER CYCLONE EC-CT12

 EC-CT12は、シャープのコード式サイクロンクリーナーです。このモデルは実は発売が2011年と大変古いのですが、Amazonやディスカウントストアを中心に1万円前後の価格で現在も販売されている、クリーナーとしては異例のロングセラーモデルです。

 本体の重さは3.8kgで、現在主流の小型タイプより重いのは確かですが、吸込仕事率450Wとパワフルなのが自慢。ブラシはエアタービンタイプで、じゅうたんよりはフローリングや畳が得意です。

 また、しっかりゴミを遠心分離するダストカップを持ち、カップ上部のつまみを回すと、プリーツフィルターをセルフクリーニングできる機構となっています。

 当サイトのEC-CT12詳細ページはこちらです。


2位:パナソニック MC-PK20A

 MC-PK20Aは、2019年発売のパナソニックの紙パック式掃除機です。かわいいピンクシャンパンのボディと、本体上部のハンドルで持ち運びしやすい形状です。価格調査時点では1万円を少し超えていますが、この先価格ダウンが見込まれます。

 コードを繋いで使う、昔ながらのクリーナーではありますが、この機種は吸込仕事率580Wもあるのに本体質量を2.7kgまで小さくしているなど、キャニスター型クリーナーも相応の進化があります。10年ほど前は600W程度の吸込仕事率ですと、本体は3.5~4kgくらいはあるものが普通でした。

 MC-PK20Aはヘッド部分にエアタービンブラシを搭載しており、こちらもじゅうたんよりはフローリング・畳の多いご家庭向きの機種といえます。


3位:アイリスオーヤマ IC-SLDC4

 IC-SLDC4は、2017年発売のアイリスオーヤマ製コードレススティッククリーナーです。いわゆる型落ち機種となりますが、調査時点でAmazonにて1万円前後の価格で販売されており、お買い得です。

 本体質量は約1.2kgと、コードレスクリーナーの中でも最軽量クラスを誇る同モデル。細身なうえにヘッド部分もエアー駆動のブラシなので、じゅうたんではちょっと厳しいですが、2階用や、一人暮らしのお部屋を掃除するのにぴったりです。ハンディクリーナーとしても使えます。使用時間は最長で20分となります。

 この機種はサイクロン式ではなく、紙パックを使用するタイプなのでゴミ捨て時にホコリが舞いにくいのもメリットの一つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました