花粉も怖くない!アレルギー対策の掃除機を知る

アレルギー対策のクリーナーを探す 掃除機買うならスティック?キャニスター?
スポンサーリンク

花粉・ハウスダストなど、微細なゴミの種類

 ひとくちに「アレルギー」といっても、非常に沢山の種類があります。花粉症やペットの毛の肌に対するアレルギー、アトピー性皮膚炎やアトピー性ぜんそく、あるいは食品アレルギーもそうですし、パソコンなどから発生する電磁波が原因とされるアレルギーなど、様々です。

 このうち、掃除機やクリーナーで対策できるアレルギー原因物質としては、空気中に存在し、口や鼻などから吸入する可能性がある物質、すなわち花粉やハウスダスト、カビ菌などがあります。

 これらは掃除機の世界では「微細なゴミ」や「細塵(さいじん)」といった呼ばれ方をしており、いわゆるホコリや髪の毛などの大きさのゴミよりもかなり小さく、ほとんど目に見えません。

アレルゲンの大きさの例

  • ダニアレルゲン(ハウスダスト):10μm~数mm
  • カビアレルゲン:3~10μm
  • 花粉アレルゲン(杉、ひのきなど):20~40μm
  • 黄砂:0.5~5μm
  • PM2.5:2.5μm以下の微粒子
    (1.2~2.5μmほどといわれます)

では、こうした微細なゴミを部屋から取り除くためには、どのような掃除機が合っているでしょうか?

アレルギーを誘発する微細なゴミを取り除く掃除機の条件

 この問いに答えうる性能を持つ掃除機のイメージとしては、以下の基準が挙げられるでしょう。

ヘッドを含むクリーナー全体の集塵性能が高い

 まず、掃除機として微細なゴミまでしっかりと集じんするもの。これが前提となります。「吸込仕事率が高い=ゴミがよく取れる」わけではなく、いわゆる「集じん性能」(床からどの程度のゴミを取り除くことが出来るか)が問題となります。

 本体のパワーも大事ですが、ここでは各掃除機のヘッド部分の性能が特に重要で、細かいゴミを取るための集塵性能に特化したヘッドのメーカーもあれば、ヘッドの強力さよりも軽く進ませること(=使いやすい、かけやすい)を重視しているメーカーもあります。

排気のレベルが一定以上(アレルゲンをキャッチできる)の性能である

 掃除機が吸ったアレルギー物質や微細なゴミを排気としてそのまま出してしまっては意味がありません。掃除機が吸ったゴミの通り道として以下の流れとなります。

(1)サイクロン式はダストカップ、紙パック式は紙パックへゴミが入る

 サイクロン掃除機であればより遠心分離の力が強ければ微細なゴミを分離でき、高性能な紙パックを使っているほど紙パックの目が細かく、微細なゴミが外に出ていきません。

(2)クリーナー内部に搭載されているフィルターを通し、排気として空気が出ていく

このフィルターも目が細ければより小さなゴミを逃さないということになります。これらの微細なゴミをどれくらいキャッチできるかが、掃除機のアレルギー対策のカギです。

ゴミ捨て時やお手入れ時にアレルゲンが再度空気中に舞いにくい構造であるか

 紙パックやサイクロンのダストカップにアレルゲンを含むゴミが入っている状態で、このゴミを捨てる際にホコリが舞ってしまう構造になっていないか、またサイクロン掃除機であればダストカップやフィルターのこまめなお手入れが必要な機種もあるため、お手入れ時に再度アレルゲンが空気中に舞ってしまう構造では完全なアレルギー対策とはいえません。

床以外の場所に付着したアレルギー物質を除去できるアタッチメントがある

 見落としがちですが、アレルギー対策として重要なのがこの4点目です。床を掃除するのはもちろんですが、ベッド(布団)や部屋の隅、隙間、高いところ、洋服などあらゆる場所にアレルギー原因物質は付着します。

 「10ミクロン以下の物質は床に落ちず、空気中を舞っているか壁や家具などに付着する」ということも言われていますので、これらをしっかり取り除くためにはクリーナーヘッドだけではだめで、すき間ブラシやふとんノズルといったアタッチメントの豊富さもアレルギー対策として大きな意味を持ちます。

 ただし各種ブラシは別売りもしていますので、付属品が少ない機種の場合、やや割高にはなりますがアタッチメントを別に購入可能です。

各社プレミアムクラスクリーナーのアレルギー対策比較表

 以下は、クリーナー主要各社のプレミアムクラスを比較した表です。内容はアレルギー対策に寄与する項目に絞ったものとなります。また、シャープについてはアレルギー対策という観点において、下記の5社よりも劣る部分が多いため、割愛させていただきます。

機種名日立
CV-SP900G
パナソニック
MC-SR570G
ダイソン
V4 digital
三菱電機
TC-ZXH30P
東芝
VC-SG910X
画像
日立 CV-SP900G
パナソニック MC-SR570G
ダイソン CY29ABL
三菱電機 TC-ZXH30P
東芝 VC-SG910X
ヘッドの特長パワフルスマートヘッド搭載。押しても引いても吸うからゴミの取り残しを減らします緑と薄紫2つのブラシでフローリングもじゅうたんもしっかり取って逃さないナイロンフェルトが大きなゴミを捕らえ、カーボンファイバーブラシが微細なホコリを取り除く前側のメイン吸引と後側のサイド(2ヶ所)でブラシの隅までしっかり吸い取れる自走式パワーブラシラクトルパワーヘッド。自走式の軽やかな動きで床の菌を99%除去
ヘッドの集塵能力の評価3.53.04.53.02.5
サイクロンのゴミ分離能力ゴミと空気を遠心分離し、集めたゴミを圧縮。パワー持続率99%以上(※日本電機工業会自主基準)ダブル反転気流と空圧分離でパワーが持続(※吸引力持続率は不明)PM0.3レベルの微細な粒子を99.97%以上空気から分離し、クリアビンに捕らえる大口径サイクロンが生み出す高速遠心分離で強い吸引力が続く。吸引力が99%以上持続(※日本電機工業会自主基準)バーティカルトルネードシステムでチリや花粉を99.9%分離(※日本電機工業会自主基準)
ゴミ分離能力の評価2.53.05.04.03.5
フィルター性能クリーンフィルタや高集じんフィルターなどーで0.3~10μmの塵埃を99.999%キャッチ(※IEC基準で測定)3つのフィルターで0.3μm以上の微細じんを99.9%キャッチ(※自社試験ゴミで測定)ポストモーターフィルターでPM0.3μmの微細な粒子をほぼ100%キャッチ(※IEC基準で測定)HEPA・ULPA2枚のフィルターにより0.3μm以上の微細なゴミを99.999%逃さない(※IEC基準で測定)排気清浄フィルター等で粒子径0.5μm以上の微細塵を約99%捕じん(※自社試験での測定)
排気の総合の評価5.04.05.05.02.5
付属品、アタッチメント
  • かるふきブラシ
  • ほうきブラシ
  • ワイドふとんブラシ
  • クルッと切替えブラシ吸口
  • ワンタッチ手元ブラシ
  • ふとん清潔ノズル
  • すき間ノズル
  • ペタすき間ノズル
  • コンビネーションノズル
  • フトンツール
  • カーボンファイバーソフトブラシツール
  • タングルフリータービンツール
  • リーチアンダーツール
  • 2WAYロングノズル(エアブロー対応)
  • アレルパンチふとんクリーンブラシ
  • エアブローノズル
  • ブローはたきノズル
  • 手元ブラシ
  • ロングアタッチメントセット
  • 電動ふとん用ブラシ
  • 隙間ノズル
付属品充実度4.04.04.04.04.0

上記の表から独自に考察

POINT1:ヘッドの集塵性能について

「吸込仕事率」では正確な比較が困難

 「ヘッドの集塵能力」については、基本的に各社明確な数値、集塵性能を公表しておりません。カタログ等に掲載されている「吸込仕事率」は集塵性能ではなく、簡単にいえばその掃除機のモーターがどれだけ空気を引っ張る力があるかという数字で、ヘッドを外して計測しています。パワーの目安にはなりますが、実態に即した測定方法とは言いがたいものがあります。

「ダストピックアップ率」「集じん率」とは

 エレクトロラックスやダイソンなど、海外メーカーが表記する数字に「ダストピックアップ率」や、「集じん率」というものがあります。

 これは吸引力とはまったく異なる数字で、試験ゴミを床に撒き、ヘッドを動かして集じんした量を計測しています。本体のパワー+ヘッドの性能という、比較的実態に即した結果が出やすいので欧米では一般的なのですが、日本ではほとんど表示されていません。

 以前、ゴミ集じん能力のメーカーごとの比較が公表されたことがありますが、これはダイソンが第三者機関に委託して各メーカープレミアム価格帯のサイクロン掃除機の集じん性能を測定した結果、ダイソンが他社よりも多く床のゴミを取り除く結果となったというものが公開されているのみです。他メーカーの具体名は「A社、B社」のように隠されていました。

 この調査だけを鵜呑みにする必要はありませんが、しかし使用した実感としてダイソンのクリーナーヘッドは特にこれらのクリーナーの中でも床への密着度が高く、この密着するヘッドが床下のゴミを残らず取るという集じん性能をあらわしています。国内メーカーの製品のように軽さを全面に押し出しておらず、ヘッドがスイスイと進むわけではありませんが、アレルギー対策に関してならこのダイソンのヘッドが最も優れていますので、評価を高くしました。

 パナソニックのMC-SR570G、日立CV-SP900G、三菱電機のTC-ZXH30Pのヘッドはそれに準じる形で、床への密着度、ブラシの強度や回転数もある程度高い形状で、なおかつヘッドの進みが重いのを解消するために自走式のパワーブラシとしています。これにより力をかけずにじゅうたんでもヘッドが進むため、集じん性能はダイソンに劣りますが、国内メーカーの中では使いやすく、ゴミがよく取れるヘッドのバランスを取っています。

 東芝のVC-SG910Xはより軽量にウエイトを置いているヘッドです。床への密着度は高くなく、ヘッド自体の集塵性能はアレルギー対策に適しているレベルには及ばないようです。その代わり、掃除のしやすさ・軽さは他社を上回ると言えます。

POINT2:排気のレベルについて

 「排気の質」については、いわゆる国際電気標準会議(IEC)の規格に準拠した排気レベルの測定を行なっているのが日立、ダイソン、三菱の3社で、アレルギーの原因となる花粉、カビ胞子などよりも小さいサイズの微細塵をキャッチすると明記しています。

 その中では、日立と三菱電機は空気清浄機にも使用される高密度なフィルターを用い、最小0.3μmの細かいホコリをキャッチします。ただ、遠心分離によりどの程度のゴミまで分離できるかは非公表となっており、フィルターやカップのお手入れは比較的こまめに必要です。

 ダイソンについても、高密度なHEPAフィルターを排気フィルターとして採用していますが、ダイソンのサイクロンクリーナーは風の力による遠心分離のみで0.3μmのホコリまで99.97%分離し、残った超微細なダストをフィルターで処理することを徹底しており、ダイソンのカタログでも「0.3μmを捉え続ける」と明記されています。ダイソンのフィルターは他社と比べてもフィルターの手入れサイクルはゆるやかです。

 パナソニック、東芝の2社については、カタログには「当社試験ゴミでの測定」と注意書きがあり、これは繊維ゴミと砂ゴミを混在させたサンプルゴミとなっているため、家庭での使用環境と必ずしも合致せず、さらにIEC規格で測定する微細塵(0.3~10ミクロン)に比べると、より大きいゴミも含まれており、アレルゲンの大きさのみでの測定が行われていないため、本当にアレルギー対策になるクリーナーかは未知数です。

 いちおう、スペック上ではフィルターを搭載しておりますが、第三者機関での測定をしていませんので★は少なめとなります。

POINT3:お手入れについて

 紙パック掃除機であれば、お手入れらしいお手入れは紙パックが満杯になった際に交換する(1ヶ月~3ヶ月に1回程度)というものですが、サイクロン掃除機ではそうはいかず、ゴミ捨て時にホコリが舞うことがあるだけでなく、カップ自体やフィルターもときどきお手入れするという必要があり、この時にも微細なゴミが再び出てきてしまう恐れがあります。

 日立のCV-SP900Gは、「こまめなゴミ捨て、フィルターのお手入れを」と取扱説明書に記載されており、汚れが気になる際はダストカップ・フィルターともに水洗いが可能です。

 パナソニック MC-SR570Gも、同様に月1回程度、ゴミ捨て以外にサイクロンユニットやクリーンフィルターの水洗いなどが推奨されており、お手入れは比較的頻繁といえます。

 ダイソンのV4 Digitalは、ゴミ捨て以外にはカップ中央部に取り付けてある筒状のプレモーターフィルターを1年に1回水洗いをするだけとされています。また、カップのプラスチック部品は基本的に水洗い不要としているので、メンテナンス面では分がありそうです。

 三菱電機のTC-ZXH30Pは、サイクロン部分の部品が細かいので分解・組立するのが大変ではありますが、その分ダストカップをのお手入れを2ヶ月に1回程度としており、少しお手入れがラクです。ダストカップ・フィルターともに水洗い可能です。

 東芝のVC-SG910Xは、ダストカップのお手入れランプがあるので、そのサインが目安となる仕組みです。体感では1ヶ月~2ヶ月に1回程度といったところでしょうか。ダストカップの部品やフィルターは水洗いが可能です。

 上位5社のサイクロン掃除機は、ゴミ捨て以外には1ヶ月は少なくとも通常お手入れの必要はないものの、その中で、国内メーカー日立とパナソニックの機種はダストカップ上部にフィルターがあり、ここにホコリやチリがつきやすくなっています。

 三菱電機、東芝の2社はフィルターをダストカップ上部から本体後方に移動させているため、比較的フィルターのお手入れの頻度が少なくなっています。

 ダイソンについてもプレモーターフィルターは1年に1回程度という頻度で、ダストカップの水洗いも不要になっていますので、お手入れはラクに感じると思います。

 お手入れ面でアレルギー対策として合格点にあるのはダイソン、三菱電機、東芝の3社がより良いでしょう。

POINT4:付属品について

 付属品、いわゆる「アタッチメント」については、上記の表にある6機種ともに、ふとん用やロングブラシ、ソフトブラシなど豊富な付属品を同梱しているため、高い評価といたしました。「ふとん専用クリーナー」も販売されている通り、ふとん・ベッドにはアレルギーの温床にもなりうるので、すべてふとん用ブラシが付属しているのはポイントが高いです。

 ただし、アタッチメントは別売りのメーカーオプションや市販品で補うことも可能なため、ご家庭の状況に応じて選ばれると良いでしょう。

ズバリ!アレルギー対策になるサイクロンクリーナーはこれだ!

1位:ダイソン V4 Digital Absolute CY29ABL
ダイソン CY29ABL

 1位には、ダイソンのサイクロンクリーナーをおすすめ。ヘッドの集じん性能とサイクロンのゴミ分離性能、排気のクリーン性能、フィルターお手入れ面でいずれも高いレベルにあり、付属品も充実。特にアレルギー対策に配慮してクリーナーを開発しているメーカーだけに、うってつけの1台です。


 
2位:三菱電機 風神 TC-ZXH30P
三菱電機 TC-ZXH30P
 2位として、三菱電機のTC-ZXH30P。ヘッドの集じん性能や本体の吸引力がやや弱いですが、サイクロンの分離性能や排気性能は合格点。
 国内メーカーのサイクロンクリーナーの中ではお手入れ面、使いやすさなど総合的に非常に高い性能を持っています。

3位:日立 パワかるサイクロン CV-SP900G
日立 cv-sp900g

 3位には日立のSV-SP900G。2位のTC-ZXH30Pと似ているところがあり、ヘッド性能は同程度かというところですが、吸引力や排気のクリーンさは上回っています。

 ただ、ダストカップ上部にあるプリーツフィルターが汚れやすく、お手入れ面でマイナスがあり、3位としました。

その他のカテゴリーのクリーナーはアレルギー対策にはどうなの?

 お気づきかもしれませんが、記事にここまで挙げてきた掃除機はすべて「コード式のサイクロンクリーナー」です。その理由として、現状国内で販売されているクリーナーとしては、アレルギー対策として考えるならば、アレルギーの元となるより細かいゴミを取る力や、ダストカップの容量、フィルターの質などの面からみて、コード式のサイクロンクリーナーが最も良い選択であるからです。

 では、その他のカテゴリーのクリーナーについてはアレルギー対策にどうなのでしょうか。メーカーごとのまとめではありませんが、それぞれのカテゴリーでおすすめの機種も紹介します。

紙パック掃除機はどう?

【排気クリーンにはできるが、ランニングコストが気になる】

 紙パック式はサイクロン掃除機に比べると、同じコード式なので吸込仕事率や集塵力が高い機種が多いものの、排気の性能が紙パックの良し悪しに依存されることが多いため、いわゆるプレミアムクラス以外は平均的に排気のレベルが高くありません。

 その中で、日立のCV-KP900Gは、日立最上級の紙パックフィルター(GP-2000FS)を初期搭載し、密閉性の高い高密度構造の設計となっており、紙パックの後方にあるフィルターと合わせてIEC測定基準で99.999%のゴミの捕集率を実現しています。同社のプレミアムサイクロン掃除機と並ぶ排気クリーンさを持ち、国内の紙パック式クリーナーでもトップクラスのクリーン排気です。

 逆に言うと、数千円で購入できる紙パック式掃除機でも、最上級の紙パックを装着すれば、比較的高い排気レベルが実現できるということになるのですが、紙パック自体が3枚入りで市場価格1,200~1,500円ほどと高価で、ランニングコスト面が気になります。また、仮にCV-KP900Gの紙パックを標準からもっと廉価のものに変更した場合に、排気レベルが下がってしまう点がデメリットです。

コードレススティッククリーナーはどう?

【スリム・軽量なのでアレルギー対策というより使いやすさ優先に】

 現在、日本のクリーナー市場ではもっとも選ばれているコードレスのサイクロンスティッククリーナー。やはりバッテリー駆動で場所を選ばず、軽量で使いやすいというメリットが大きいです。

 しかし、アレルギー対策にという場合、ヘッドのパワー、吸込仕事率、サイクロンのゴミ分離性能などはキャニスター型の掃除機に劣ります。

 コードレス型でひとつ挙げるとすると、やはりダイソンのスティッククリーナーになるでしょう。Dyson V10は、「コード付き掃除機よりも確実にゴミを吸い取ります」ということを謳っており、キャニスター型とおなじソフトローラーヘッドを搭載し、0.3ミクロンもの微細な粒子を99.97%捕えて、部屋の空気よりもきれいな空気を排出しますので、アレルギー対策に十分な性能となっており、おすすめです。

ダイソン Dyson V10 サイクロンスティッククリーナー Fluffy SV12FF SV12 FF コードレス
Dyson(ダイソン)
【特徴】ダイソン特許技術サイクロンテクノロジー「ラジアルルートサイクロン」採用で強力な吸引力を実現したフラッグシップモデル

通常のクリーナー+ふとんクリーナーという選択肢も

 通常の掃除機とは異なり、布団やベッドの掃除に特化したのが、レイコップをはじめとする「ふとん専用ダニクリーナー」です。外に布団を干せない環境の場合、梅雨時などにフトンにダニが繁殖しやすくなるため、掃除機にふとんブラシをつけて布団を掃除したり、また専用に作られたふとん専用クリーナーを使ってダニを除去すると、喘息やアレルギー、花粉対策として有効と言われています。

おすすめの布団クリーナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました