三菱電機、2020年発売のコードレススティッククリーナーを比較

三菱のスティッククリーナー
スポンサーリンク

2020年に発売されたモデルの比較表

型番HC-JD2XHC-JM2X
本体画像
カラーS色(ウォームシルバー)D色(キャニオンブロンズ)
吸込仕事率非公表非公表
バッテリーの種類リチウムイオン電池リチウムイオン電池
運転時間標準:約40分
強:約8分
自動:約8分~約40分
標準:約40分
強:約8分
充電時間約90分約90分
本体寸法(幅×奥行×高さ) 225×190×1005mm 225×190×1005mm
標準質量1.9kg
(パイプ・ブラシ含む)
1.9kg
(パイプ・ブラシ含む)
運転音非公表非公表
集じん容積0.25L0.25L
付属品・アレルパンチふとんクリーンブラシ
・ロングノズル(エアブロー機能対応)
・毛ブラシ
・ロングホース
・サッシノズル
・付属品収納袋
・お手入れブラシ

・ロングノズル(エアブロー機能対応)
・毛ブラシ
・お手入れブラシ

3機種の違いは?

 上記の表は、2020年に発売された三菱電機(MITSUBISHI)のコードレスクリーナー「iNSTICK ZUBAQ」(インスティック ズバキュー)シリーズ2機種の比較表となります。

 表左のHC-JD2Xと右のHC-JM2Xの2機種となりますが、どちらも充電スタンドにスタイリッシュに収納しておくことができるという三菱電機ならではのタイプで、スタンドからサッと取り出してすぐにお掃除ができるスティッククリーナーです。2機種は自動運転の有無、本体色と付属品の数が異なっています。寸法や重さ、運転時間といった基本データは同じです。

 いずれも、2019年モデルのマイナーチェンジにとどめており、見た目のデザインやカラー、基本的な性能は変わっていません。

HC-JD2X・HC-JM2X共通の主な特長

  • 毎分125,000回転の「JCモーター」で強い吸引力を実現。
  • 「毛がらみ除去機構」搭載のヘッドは、からんだ毛のお手入れがかんたん。
  • 0.3μm以上の微細なゴミを約99.9%以上逃さないクリーン排気。
  • 充電スタンドから手前に引けばスティック状態、持ち上げればハンディ状態で取り出せるワンタッチ着脱。
    インスティック ワンタッチ着脱

HC-JD2Xのみの主な特長

  • 床の種類を見分けて賢く切り替える、自動運転が可能。
  • ふとんクリーンブラシ、サッシノズル、ロングホースなどが標準で付属。
タイトルとURLをコピーしました