日立 紙パック掃除機 かるパック CV-PY20 | 掃除機・クリーナーの正しい選び方

スポンサーリンク

CV-PY20は、日立(HITACHI)の紙パック式掃除機です。
同社の紙パック掃除機ではミドルクラスの機種となっており、
業界トップクラスの660Wという強力な吸込仕事率と
自走式のパワーヘッドを搭載している掃除機です。
2012年モデルとなるCV-PW10からの変更点は
モーター出力の強化とカラー展開の変更程度で、マイナーチェンジとなります。

主な特長

トップクラスの吸込仕事率

CV-PY20は、紙パック掃除機の中でもトップクラスの
吸込仕事率である660Wを実現。日立ならではの
強力なモーターの力が発揮されています。

菌もふき取れる43万本の植毛ブラシを搭載した自走パワーヘッド

CV-PY20の「ごみハンターヘッド」は、43万本植毛ブラシの
自走式パワーブラシでじゅうたんも、フローリングも
しっかりと細かいゴミを取り除きます。

ecoこれっきり運転で節電にも対応

強力なパワーが自慢の機種ですが、そこまでパワーを
必要としない床面に合わせて運転を自動で切替え、
節電にも配慮しています。

最安値価格、最安値ショップを紹介

参考価格

CV-PY20の発売開始時価格:44,800円

Amazonの最安値

楽天市場の最安値

日立 紙パック掃除機 CV-PY20-A

CV-PY20の紙パック・別売オプション

CV-PY20 レビュー、使用感

\n
CV-PY20は、日立の紙パック式掃除機ではミドルクラスに位置しています。
トップクラスの660Wという強力な吸込仕事率、自走式のパワーブラシを搭載し、
パワフルな紙パック式掃除機となっています。
最上位機種であるCV-PY300上位機種であるCV-PY30に比べると
いろいろな点でコストカットがされており、
正直に言って相当に価格面でお買い得というわけでなければ、
パワー型希望でしたらCV-PY30、排気面や静音性重視でしたら
CV-PY300の方がおすすめです。
他社製品で、吸込仕事率が600W以上、自走式パワーブラシでより軽量という掃除機も
あります。東芝のVC-P213パナソニックのMC-PK14Gなどが
ライバルにあたるので、やや中途半端のゾーンに位置する機種であるといえます。\n

仕様(スペック)

型名 CV-PY20
カラーバリエーション

CV-PY20-A(ブルー)

吸込仕事率 660W~約110W
消費電力 1200W~約250W
本体寸法(幅×奥行×高さ) 266×313×224mm
本体質量 3.7kg
ホース、延長管、ノズルを合わせた質量 5.4kg(モーターブラシ)
運転音 65dB~約59dB
集塵容積 1.7L
発売年月 2013年7月

コメント

タイトルとURLをコピーしました