排気がきれいなサイクロン掃除機の比較とランキング

排気のきれいなサイクロンクリーナーを探す 排気がきれいな掃除機を探せ!
スポンサーリンク

サイクロン掃除機の排気について:概要

 まずはじめに、「サイクロン掃除機」にはコード式のものとコードレスのものとが販売されていますので、当ページでは「コード式のサイクロン掃除機」を指すこととし、コードレスのサイクロン掃除機やコードレスのサイクロンスティッククリーナーは「コードレスクリーナーの排気」についてのページにまとめております。

 2019年11月現在、国内で流通するコード式のサイクロン掃除機としては、日立、パナソニック、東芝、シャープ、三菱電機、ダイソンといった大手から発売されています。シェアとしては、数年前からコードレススティッククリーナーの波に押され気味というのは多くの方が知るところですが、サイクロン掃除機は種類もやや減少しています。

 そんななかですが、コードで使うことで電池のことを気にする必要がなく、また紙パックのランニングコストも気にしなくていいサイクロン掃除機の需要も高くありますので、その中で最も排気のきれいな機種から順に掲載していきます。

排気のきれいなサイクロン掃除機をランキングで掲載

第1位:Dyson V4 digital CY29ABL/CY29FF(同率)

5.0
ダイソン CY29ABL
【ダイソン V4 digital】

 コード式のサイクロンクリーナーで最も排気のきれいな機種としては、ダイソンのV4シリーズの2機種が挙げられます(2機種は付属品等の違いで本体性能は同一)。

 サイクロン掃除機の元祖として当初から高い遠心分離性能を持っているクリーナーを出し続けているのがダイソンですが、現行機種のV4 digitalシリーズは「PM0.3レベルの微小粒子を99.97%以上空気から分離」という性能になっています。本体質量は3.14kg。

 PM0.3レベルというのは、0.3μm前後の微細な粒を指すと思われますが、これは国際電気標準会議(IEC)の基準で定められている試験ゴミ(0.3~10μm)の中でも最も小さいレベルのチリを空気の力だけでダストカップ内に収めるということになります。

 さらに後方には洗浄不要のポストモーターフィルターでモーターを守っており、ここでも微小粒子をキャッチしているため、99.97%以上という数字が限りなく100%近くなると思われます。

 現在市販されているクリーナー全機種の中でもトップの排気クリーンさとなっているのがダイソンのV4 digitalということになります。

第2位:三菱電機 風神 TC-ZXH30P/ZXP20P(同率)

三菱電機 TC-ZXH30P
【三菱電機 風神】

 第2位は、三菱電機のサイクロン掃除機「風神」シリーズです(2機種はヘッドや付属品が違っており、本体性能は同一)。

 国内メーカーで初めて「ダストカップ部分のフィルターレス」を実現したところでもあり、現行の機種でも同様、大きめのダストカップでゴミを遠心分離し、そこはプラスチック部品だけで構成されています。本体質量は2.9kgとなっています。

 さらにダストカップ後方に2枚の高性能フィルターを備え、微細なチリをキャッチする仕組みになっています。これらによって排気性能は「0.3μm以上の微細なゴミを99.999%逃さない」となっています。国際電気標準会議(IEC)基準での測定であり、おそらく0.3以上というのは0.3~10μmであると推測されます。

ダイソンと異なり、空気の力だけでどれだけゴミの分離が行われるかは不明ですが、ダストカップ部分の水洗いを2ヶ月に1回程度で済むような作りになっています。

第3位:日立 パワかるサイクロン CV-SP900G

日立 cv-sp900g
【日立 パワかるサイクロン】

 3位は、日立のプレミアムタイプのサイクロンクリーナーであるCV-SP900Gです。

 軽量とパワー面の両立を目指したクリーナーであり、本体質量はこのページの機種の中で最も軽い2.5kg。肝心の排気性能は「0.3~10μmの塵埃(じんあい)を99.999%捕集」となっており、2位の三菱電機・風神とまったく同等の数字です。測定方法もIEC基準に準拠し行っています。

 順位の理由として、三菱電機の風神はダストカップ部分がフィルターレスであるが、日立のCV-SP900Gはダストカップ上部にプリーツフィルターがあり、フィルターが汚れやすいところにあって比較的性能低下を招きやすいということで当機種は3位としました。

 ただ排気クリーンのレベルは非常に高いものですし、風神より使いやすさ・軽さの面で上回っており、CV-SP900Gも魅力たっぷりです。

第4位:パナソニック MC-SR570G/SR37G

パナソニック mc-sr570g-n
【パナソニック プチサイクロン】

 4位はパナソニックの「プチサイクロン」2機種となります(2機種はヘッドや付属品の違いがあり、本体性能は同一)。本体質量は2.6kg。

 この2機種も小型軽量で人気のシリーズですが、排気性能は「0.3μm以上の微細じんを約99.9%補じん」となっています。「自社試験ゴミでの測定」とはなりますが、高いレベルでの排気性能を発揮しているモデルです。

 ダストカップ部分に2箇所の金属部分を使用している「ダブルメタル」構造で、ゴミ捨て以外のお手入れが約2年間不要と謳っています。

まとめ

 このページでは、排気のきれいなコード式サイクロン掃除機のランキングを紹介してきました。ここに挙がっていない、5位以下の機種も、一般的に各社ミドルクラス以上のサイクロン掃除機は、紙パック掃除機よりも高性能なフィルターを搭載しているモデルが多く、排気捕集率「0.5μm以上の微細なゴミを約99%キャッチ」以上となっているものであれば、実用的には「排気がキレイ」と言って差し支えないレベルにあるでしょう。

 ただ、赤ちゃんのいる家庭や、花粉やアレルギー等で悩んでいる方などは少しでも排気の良い掃除機を求めることが多いため、より詳細に排気レベルを算出すると上記のランキングになるということです。

 なお、排気性能は自社基準測定とIEC(国際電気標準会議)基準の測定と分かれていますが、このカテゴリでは搭載しているフィルター性能を重視し、ランク付けししました。

排気のきれいな掃除機ランキング

メーカー別、掃除機の排気性能一覧表

コメント

タイトルとURLをコピーしました