【2019~2020年版】30,000円の予算でおすすめの掃除機をご紹介!

予算3万円で探すクリーナー 予算別、おすすめの掃除機

 このページでは、予算3万円前後でできるだけ良い掃除機を購入したいというテーマのもと、全メーカーを徹底的に調べ、管理人おすすめの3万円クリーナーをご紹介しています。
※家電製品は在庫状況などにより価格に変動があるため、定期的に価格を調査しておすすめ商品を入れ替えています。

 3万円程度の単価というと、一般的なクリーナー市場ではやや高級ゾーンに足がかかってくる価格帯であり、この価格で購入するならより質のいい掃除機を、という希望が高くなってくるのは当然と言えます。

 この価格帯ですと、売れ筋であるコードレススティッククリーナーは各社エントリーモデルが売られているところですが、タイミングによっては高機能の機種が型落ち(次期モデルの発表や発売に伴い、現行モデルの価格を安くして処分すること)となって3万円くらいの価格に下がってくるものが多くなってきます。そのあたりの機種が狙い目です。

スポンサーリンク

2019年12月更新:現在おすすめのクリーナーはこちら

1位:ダイソン V7 Fluffy オンラインストア限定モデル SV11FFOLB

 ダイソン SV11FFOLBはコードレス式スティッククリーナーのエントリーモデルである「V7 Fluffy」シリーズのひとつで、Amazonなど限られたオンラインストアだけで販売されている限定モデルとなります。

 最大30分間使用可能のバッテリーで1日の掃除時間も余裕で使えますし、好評のソフトローラークリーナーヘッドにより家庭の大きなゴミも小さなゴミも残さずキャッチします。

 5万円くらいしてもおかしくない性能のクリーナーですが、上位機種が多く出てきたことによりV7シリーズが値下がりし、お買い得感が出てきました。現在、3万円程度の予算であれば最もおすすめのクリーナーです。


2位:東芝ライフスタイル VC-CL410 トルネオVコードレス

 東芝ライフスタイル VC-CL410は2018年に発売された同社のコードレススティッククリーナー「トルネオ V コードレス」のエントリータイプです。

 エントリータイプとはいっても、本体性能は上位機種とほとんど変わらないもので、2kgを切る超軽量クリーナーながら、バーティカルトルネードシステムで吸い込んだゴミを遠心分離させる構造を持っています。

また、バッテリーも最大25分運転可能。パワフルタイプではありませんが、主婦の方を中心に軽くて使いやすい機種と人気です。


3位:日立 パワーブーストサイクロン CV-SF300

 日立のCV-SF300は、2018年に発売されたキャニスター型のサイクロンクリーナーです。コードを繋いで使う、従来のタイプの掃除機となります。

 吸込仕事率最大400Wのパワーはコード式ならではの強力さ。また、強い吸引力が持続する「パワーブーストサイクロン」構造のダストカップにゴミを圧縮することにより、ゴミ捨て頻度は月1回程度です。

 キャニスター型ではありますが、本体が3.5kg(パイプ・ヘッドを合わせて5kg)とパワーと小型化のバランスを程よく取っているモデルです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました