MC-PA34G 紙パック式掃除機のレビューと最安値価格

パナソニック MC-PA34G パナソニックの紙パック掃除機
スポンサーリンク

MC-PA34Gはどんな掃除機か

MC-PA34Gは、2014年発売のパナソニックの紙パック掃除機です。
紙パック掃除機のハイエンド機として位置づけられており、従来から人気のパワフル自走ノズルやエコナビなどを搭載し、また静音でも定評のある掃除機となっています。2013年モデルのMC-PA33G/MC-PC33AGと比べるとマイナーチェンジとなっていますが、本体のデザインを加飾成形にした点や、ホース・パイプを軽量化したことなどが改良点です。
MC-PA34Gはレギュラーモデルの型式であり、主に中小ネットショップやパナソニックのお店などで販売されています。ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機などの家電量販店向けモデルとして、同等機種で型番の異なるMC-PC34AGが発売されています。

主な特長

加飾成形技術で高級感のあるデザインを採用

パナソニックの一部のクリーナーに2012年頃から採用されている、加飾成形技術を使用。本体にカラーを塗装するのではなく、フィルムを貼り付けたようなプラスチックを成形することで、より高級感のあるデザインを実現しました。W色(ホワイト)は花柄、P色(ピンクシャンパン)は小紋柄となっていて、特に女性のお客様にとってプレミアムに感じられるデザインを目指しています。

「軽量スリム延長管&ホース」、「クローズハンドル」で使いやすく

従来のパナソニック掃除機に比べて延長管やホースをスリム化。また、押すときも引くときも楽な「クローズハンドル」を新採用することで、さらに使いやすさを向上させています。

パワフル自走ノズルに「毛先が球ブラシ」を搭載

パワフル自走ノズルのブラシ先端が「毛先が球ブラシ」となり、じゅうたんのゴミを引っ掛けて取りやすくなっています。

最大運転音57dBの静音設計

旧モデルに比べ吸込仕事率がダウンしたものの、そのおかげでさらに1dB程度静音化しました。紙パック掃除機ではトップクラスの静音クリーナーとなっています。

最安値価格、最安値ショップを紹介

参考価格

MC-PA34G発売時想定価格:52,000円+税

純正紙パックを探す

パーツ・付属品を探す

パナソニック公式オンラインストアにて購入可能です

MC-PA34Gのレビュー、使用感

MC-PA34Gは、パナソニックの紙パック掃除機ではハイエンドタイプとして毎年グレードアップされている、売れ筋の掃除機です。主な性能としては、静音ながらパワフルな掃除ができ、それ以外にエコナビによる省エネ、LEDナビライト、ハウスダスト発見センサーなど、機能面で充実しているという掃除機でもあり、そのせいか他社の紙パック掃除機に比べてやや重いのが印象です。
パナソニックのヘッドである「パワフル自走ノズル」は以前より軽く進むようになっており、またMC-PA34Gより採用された軽量スリム延長管とホースのおかげで、本体以外の部分はそれほど重くは感じなくなっています。
旧型のMC-PA33G(家電量販店モデルはMC-PC33AG)に比べると、ホース等のスリム化、毛先が球ブラシの追加、本体デザインの変更などマイナーチェンジにとどまっているため、在庫があるうちはこれら旧モデルを処分特価で手に入れるのが賢い買い物といえるでしょう。
紙パック掃除機のカテゴリは、3~4万円台の高級タイプでは機能充実型ですがやや重めのパナソニックと機能シンプルでやや軽量の日立、2~3万円程度では三菱電機の超軽量掃除機「ビケイ」や軽量化したパナソニックのMC-PKシリーズなど、選択肢は以前より限られてきています。各社サイクロン掃除機のラインナップを増加させたり、ロボットやコードレスクリーナーの新型を発売したりなど、掃除機全体では活況ですが、シンプルで使いやすい紙パック掃除機は少しずつ減っています。その分、人気機種が集中するようになっている印象で、このMC-PA34Gのシリーズも毎年高い評価を得ており、買って損のない機種ということは間違いありません。

仕様(スペック)

型名MC-PA34G
カラーバリエーションMC-PA34G-W(フラワーホワイト)
MC-PA34G-P(ピンクシャンパン)
吸込仕事率570W~約120W
消費電力1000W~約300W(ひかえめモード時440~300W)
本体寸法(幅×奥行×高さ)264×383×219mm
本体質量3.9kg
ホース、延長管、ノズルを合わせた質量5.8kg(モーターブラシ)
運転音57dB~約52dB(ひかえめモード時約54~約52dB)
集塵容積紙パック式 約1.6L
付属品すき間ノズル
※手元部分に「手元ブラシ」装着
※親子のノズルでノズル先端取り外し可能
発売年月2014年6月
タイトルとURLをコピーしました