TC-ZXC20P サイクロン掃除機 風神のレビューと最安値価格

スポンサーリンク

TC-ZXC20Pは、三菱(MITSUBISHI)のサイクロン式クリーナーです。名前はレトロながら高性能なサイクロン掃除機「風神」シリーズとしてラインナップされている機種で、本体質量が3.8kgと軽量コンパクトになっただけでなく、業界トップクラスの吸引力持続と排気クリーンを謳っています。
なお、風神の上位モデルのTC-ZXC30Pとくらべて基本は同等性能ですが、ヘッド部分の構造が異なっており、毛絡み除去機能などの省略がされています。またモーター内部のULPAフィルターがHEPAフィルターへ変更されており、排気クリーン性能が劣ります。さらに、ふとんブラシなど3点の付属品がカットされております(すき間ノズルは付属)。

TC-ZXC20Pの後継機種:TC-ZXD20P

主な特長

  • 吸引力が99%以上持続する新しいサイクロンボックスを開発
  • モーター前後のHEPAフィルターにより排気がさらにキレイに
  • 節電モードで自動的にパワーコントロール

最安値価格、最安値ショップを紹介

参考価格

TC-ZXC20Pの発売開始時価格:59,800円

楽天市場の最安値

三菱電機 サイクロンクリーナー TC-ZXC20P

Yahooショッピングの価格

三菱電機 サイクロン掃除機 TC-ZXC20P

Amazonの最安値

TC-ZXC20P レビュー、使用感

TC-ZXC20Pは、三菱電機のサイクロンクリーナーシリーズとして「風神」のネーミングでもおなじみになっています。このモデルは前のモデルであるTC-ZXB17Pに比べて軽量化・コンパクト化を実現したのがまず大きなポイントになります。本体質量3.8kgというのは国内メーカー各モデルと比べると、パナソニックのMC-SS520GX(本体質量5.1kg)、シャープのEC-WX310(同5.3kg)、日立のCV-SW7000(同4.9kg)、東芝のVC-SG712(同4.5kg)などとなっており、非常に軽いことが分かります。
また、従来型ではサイクロンボックスにはフィルターがなかったものの、排気フィルターは別の場所にあり、サイクロンボックスと排気フィルターの定期的な水洗いは必要でした。TC-ZXC20Pではサイクロンボックスの水洗いは必要になるものの、その部分での分離性能をを高めているため、排気フィルターを本体内部のモーター前後に配置することで約7年お手入れ不要となったこともポイントです。それだけ排気がクリーンであるということのアピールとも思われます。
運転音は64dBと、通常モデル並で、また吸込仕事率も230Wとパワー面・静音面での部分の魅力は少ないですが、サイクロンクリーナーの元祖ダイソンを意識した国産メーカーの本格サイクロンの中でもコンパクトで性能が良く、お手入れの負担も軽くなっていますので、高い評価を得そうなサイクロンクリーナーだという印象です。
なお、上位の機種であるTC-ZXC30Pとの違いは上記に記載した通りです。本体性能はほぼ同じとなっていますので、付属品の必要度や価格面等で選ぶとよいでしょう。排気フィルターの違いにより、TC-ZXC30Pのほうが10倍排気がキレイということになりますが、このTC-ZXC20Pでも充分なクリーンさは持っています。

仕様(スペック)

型名TC-ZXC20P
カラーバリエーションTC-ZXC20P-A(メタリックブルー)
TC-ZXC20P-P(メタリックマゼンタ)
吸込仕事率230W~約130W(節電モード時230~約15W)
消費電力850W~約600W(節電モード時850~約100W)
本体寸法(幅×奥行×高さ)216×357×283mm
本体質量2.8kg
ホース、延長管、ノズルを合わせた質量5.1kg(自走式モーターブラシ)
運転音65dB~約62dB(節電モード時65~約50dB)
集塵容積0.9L
発売年月2013年3月
【ニュースリリース発表時の記事】
三菱電機 サイクロン掃除機 TC-ZXC30P、TC-ZXC20Pを発売(2013年1月28日発表)
三菱は、2012年3月1日よりサイクロンクリーナーの新製品を発売します。

 

発売型番

TC-ZXC30P(発売時想定価格:79,800円)
TC-ZXC20P(発売時想定価格:59,800円)
三菱電機のサイクロンクリーナーシリーズとして命名されている「風神」ラインナップの新機種として、従来機よりもコンパクト化・排気クリーンを実現した掃除機です。

吸引力の持続と排気の綺麗さを両立

従来型よりもサイクロンボックス内の風の旋回速度を上げることにより、フィルター無しでゴミを99.9%捕集し、吸引力が99%以上持続。また、モーター前後に2種類のフィルターを搭載することで、0.3ミクロン以上の微細なゴミも99.999%捉えることによってキレイな排気を実現しました。

軽量・コンパクト化

本体ケースへのカーボン素材の採用とアルミフレームモーターを使用することで、前機種(TC-ZXB17P)の本体4.9kgからTC-ZXC30Pは約3.8kgまで軽量化・コンパクト化を図りました。
TC-ZXC30Pと同日発売のTC-ZXC20Pは、下記の点などで違いがあります。本体性能は同一です。

  • TC-ZXC30Pに付属している「2WAYロングノズル」「2WAYキャッチローラー」「ふとんブラシ」がついていない
  • ULPAフィルターがHEPAフィルターに変更されており、排気捕集率が99.99%となっている
  • ブラシの「毛絡み除去機能」などがカットされている

コメント

タイトルとURLをコピーしました