三菱 サイクロン掃除機 Be-K(ビケイ) TC-EXC7J

スポンサーリンク

TC-EXC7Jは、三菱(MITSUBISHI)のサイクロン式クリーナーです。三菱の小型クリーナーシリーズの「Be-K」シリーズの1つとしてラインナップされています。本体質量2.4kgと業界トップクラスの軽量サイクロンクリーナーとして小型化をより推し進めたモデルとなっています。
このTC-EXC7Jは、三菱電機のサイクロンクリーナーでは最もローエンドの機種で、ブラシはエアタービンブラシで主にフローリングの床で性能を発揮します。
TC-EXC7J後継機種:TC-EXD7J

主な特長

  • 本体質量2.4kg(標準質量3.6kg)の軽量設計
  • フローリング、畳向きのタービンブラシを採用

最安値価格、最安値ショップを紹介

参考価格

TC-EXC7J発売開始時価格:22,800円

Amazonの最安値
楽天市場の最安値

三菱電機 サイクロン掃除機 TC-EXC7J

TC-EXC7J レビュー、使用感

TC-EXC7Jは、軽量コンパクトなクリーナーとして人気の「ビケイ」シリーズの1機種です。三菱では「風神」サイクロンクリーナーがダストボックス内のフィルターレスということで特長を打ち出していますが、TC-EXC8PなどのBe-Kシリーズは箱型のダストケースを採用しているため、その後方には蛇腹のフィルターがあります。この部分が汚れやすいため、お手入れ面に関しては上位機種に劣りますが、トップクラスの小型・軽量が魅力的なモデルです。
この流れは、他社で競合機種となる東芝のVC-C12AパナソニックのMC-SR10JシャープのEC-QX310など本体質量2kg台の軽量クリーナーが好調となっていますが、三菱電機も旧モデルで3.0kgだったものを大幅に軽量化しました。他方、吸込み仕事率が500W前後から300Wへダウンしています。これにより、スペックが他社機種とそれほど変わらなくなってしまい、差別化を図りにくい部分ですが、持ち運びのしやすいビッグハンドルや、標準質量3.6kg(記事作成時点でキャニスター型クリーナーで最軽量)は三菱の魅力になっています。
なお、上位機のTC-EXC8Pとは以下の点が異なります。

  • パワーブラシではなくタービンブラシである
  • ヘッド性能の違い(壁際すっきりバンパーやエアハウスダスト吸引のカット)

仕様(スペック)

型名TC-EXC7J
カラーバリエーションTC-EXC7J-N(オレンジゴールド)
吸込仕事率300W~約80W
消費電力1000W~約300W
本体寸法(幅×奥行×高さ)210×323×220mm
本体質量2.4kg
ホース、延長管、ノズルを合わせた質量3.6kg(タービンブラシ)
運転音64dB~約59dB
集塵容積0.6L
発売年月2013年5月

Be-K サイクロンクリーナー3機種の比較表

機種名TC-EXC10PTC-EXC8PTC-EXC7J
吸込仕事率310~約80W
(節電モード時:310~約20W)
300~約80W300~約80W
消費電力850~約300W
(節電モード時:850~約100W)
850~約300W850~約300W
本体質量(標準質量)2.4kg(3.9kg)2.4kg(3.8kg)2.4kg(3.6kg)
集じん容積0.6L0.6L0.6L
運転音64~約59dB
(節電モード時:64~約56dB)
64~約59dB64~約59dB
ブラシタイプ自走式パワーブラシパワーブラシタービンブラシ
その他の特長毛がらみ除去機能搭載、
上下2箇所のすみずみブラシ
すみずみブラシ(手元に1箇所)すみずみブラシ(手元に1箇所)

コメント

タイトルとURLをコピーしました