日立 サイクロン掃除機 2段ブーストサイクロン CV-SW5000 | 掃除機・クリーナーの正しい選び方

スポンサーリンク

CV-SW5000は、日立(HITACHI)のサイクロン式クリーナーです。2つのカップを搭載した「2段ブーストサイクロン」式の掃除機であり、さらに軽量なカーボンライトのパイプやヘッド、やさしい運転音、国際基準に基づいたキレイな排気などの特長を持っているクリーナーです。同社の上位機種であるCV-SW7000と比較すると若干運転音が大きい(CV-SW7000は53~約48dB、CV-SW5000は55dB~約50dB)、自動フィルターお手入れ機構が搭載されていない(フィルター掃除はコード式になっている)などの違いはあるものの、本体サイズ、パワーやサイクロン構造などは上位機種と同性能であり、価格もお手頃という機種になっています。

主な特長

  • 軽量で扱いやすいスマートホースを搭載
  • パイプとヘッドに軽量、使いやすいカーボンライトを採用
  • ハイパワーなのに55dBでやさしい運転音
  • 捕集率99.999%を実現するきれいな排気

最安値価格、最安値ショップを紹介

参考価格

CV-SW5000発売開始時価格:69,800円

Amazon.co.jpの最安値

HITACHI 2段ブーストサイクロン クリーナー CV-SW5000-W
HITACHI 2段ブーストサイクロン クリーナー CV-SW5000-R

楽天市場の最安値

日立 サイクロン掃除機 CV-SW5000

CV-SW5000 レビュー、使用感

\n
CV-SW5000は、上記機種であるCV-SW7000と外形寸法は同じ、本体質量が100g軽いというのみで、見た目はカラー以外同一になっています。また、吸込仕事率も同じ470Wとなっており、使用感も似ています。もちろんサイクロン部分は2段ブーストサイクロンを採用した構造で、本体にダストカップが2つあり、まず下部のサイクロン室で空気の流れを加速させ、それによって発生したサイクロンによってゴミと空気を遠心分離、そのあとで上部のダストケースへゴミを圧縮して収めるという構造になっています。ダイソンの掃除機に代表される円筒形のカップでサイクロンを発生させる方式とは違い、かなり独特な構造をしていることがわかります。
下部のサイクロン室で遠心分離をさせるとはいえ、上部のダストケースへはゴミが直接入り込むため、その後ろにはメッシュフィルター、さらにプリーツフィルターと2枚通って排気が出て行く形になります。これは廉価タイプのサイクロン掃除機に見られる構造とほぼ同じであるため、目詰りがかなり起こりやすくなっています。「ティッシュペーパーをこの部分に挟むことによってゴミ捨て時のお手入れが軽減される」ということになっていますが、この点は面倒と便利の賛否両論になっているところです。
CV-SW5000は上記にも記載の通り、運転音がやや大きいこと(といってもクリーナーの中ではかなり静音です)、自動フィルターお手入れがないことといった違いしかなく、非常に機能が似ていますので、もし迷った場合には価格面でお買い得な方を選ぶとよいでしょう。軽量のヘッド部分と自走のパワーブラシは非常に使い勝手が良く、時に引っ張られる力が強すぎると感じるほどです。本体は大きいですが、それだけ軽くお掃除ができるようになっています。\n

仕様(スペック)

型名 CV-SW5000
カラーバリエーション

CV-SW5000-W(ホワイト)

CV-SW5000-R(レッド)

吸込仕事率 470W~約50W
消費電力 1000W~約200W
本体寸法(幅×奥行×高さ) 268×405×313mm
本体質量 4.8kg
ホース、延長管、ノズルを合わせた質量 6.4kg(モーターブラシ)
運転音 55dB~約50dB
集塵容積 0.4L
発売年月 2012年7月

【ニュースリリース発表時の記事】
日立 家庭用サイクロン式掃除機「CV-SWシリーズ」を発売(2012年7月3日発表)
日立は、2012年7月21日よりサイクロン式クリーナー「CV-SW7000/CV-SW5000/CV-SW3000」の3モデルを発売します。
発売型式:
CV-SW7000(サイクロン式掃除機)
CV-SW5000(サイクロン式掃除機)
CV-SW3000(サイクロン式掃除機)
このシリーズは、「2段ブーストサイクロン」という日立のサイクロンクリーナーの上位機種で、前モデルであるCV-SU7000CV-SU5000CV-SU3000の後継機種となります。

  • カーボンライト&スマートホース
  • 前モデルにはじめて採用され、好評だった「カーボンライト素材」(カーボン繊維強化プラスチック)を継続。パイプやヘッドなどの軽量化だけでなく、本体も軽量化。そして、新たにホースも旧機種から17%の軽量化を行い、表面をなめらかにしたことで衣服や家具にも引っかかりにくくなり、細く軽く取り回しラクラクになりました。

  • 運転音そのままに吸込仕事率アップ
  • 新採用のスマートホースの影響でホース内径が細くなることでパワーダウンが懸念されますが、新モデルではモーターのディフューザーなどを再設計することで、従来機種と比べて吸込仕事率を10Wアップさせ、470Wとすることに成功しました(CV-SW3000は460W)。パワーアップしたにもかかわらず、運転音は前モデルから維持されており、CV-SW7000は53dB、CV-SW5000は55dB、CV-SW3000は59dBとなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました