VC-CB8A 東芝 サイクロン掃除機 | 掃除機・クリーナーの正しい選び方

スポンサーリンク

VC-CA8Eは、東芝のサイクロンクリーナーです。シンプルな構造をしている「エアロサイクロン」として廉価タイプの位置づけとなっている本機種は、フローリングターボヘッド(いわゆるエアタービンブラシ)を搭載しフローリングに主に性能を発揮。またハイパワーの吸込仕事率550W、らくわざグリップで手首の負担を軽減しています。

主な特長

  • 手首の負担を軽減する「らくわざグリップ」で操作ラクラク
  • 本体上部の「らくわざハンドル」で持ち運びもラクラク
  • ゼオライト脱臭フィルターとフラボノイドフィルターで花粉もキャッチ

最安値価格、最安値ショップを紹介

Amazonの最安値

VC-CB8A(L) ブルー

VC-CB8A レビュー、使用感

\n
VC-CB8Aは、いわゆる遠心分離を行う本格的なサイクロンではありません。フタを開けるとダストボックス方式となっており、見た目は紙パック式掃除機と同じように見えます。紙パックが入るであろう部分にダストボックスが収められ、吸い込んだゴミはこの部分に溜まることになります。パワーは強いですが、微細なゴミはフィルターでキャッチし、目詰まりが早めです。ハイパワーの550Wという吸込仕事率ですが、パワーの維持する効率はよくありませんので、手入れがより頻繁に必要になるタイプとなっています。
しかしながらサイクロンクリーナーとしては価格も安く、使いやすいモデルとして最適です。エアタービンヘッドなので一人暮らしの家庭、フローリングしかないといった場所にピッタリのモデルといえるでしょう。
\n

仕様(スペック)

型名 VC-CB8A
カラーバリエーション

VC-CB8A-L(ブルー)

吸込仕事率 550W~約90W
消費電力 1000W~約250W
本体寸法(幅×奥行×高さ) 254×345×219mm
本体質量 3.8kg
ホース、延長管、ノズルを合わせた質量 5.3kg(タービンブラシ)
運転音 65dB~約56dB
集塵容積 0.35L
発売年月 2012年6月

コメント

タイトルとURLをコピーしました