MC-BU100J コードレススティッククリーナーのレビューと最安値価格

パナソニック MC-BU100J パナソニックのスティッククリーナー
スポンサーリンク

MC-BU100Jはどんな掃除機か

 MC-BU100Jは、2014年発売の、パナソニックのサイクロンクリーナーです。

 充電台に置いて充電可能でスリム&スタイリッシュなコードレスのスティッククリーナーです。おしゃれなデザインで、女性の方や、一人ぐらしの若い方にピッタリの手軽な掃除機となっています。

主な特長

ハンディクリーナーとしても使える2WAYデザイン

MC-BU100Jは、本体中央部のバッテリー部分を取り外すことで、その部分だけをハンディクリーナーとして使用可能になっています。スティック状態では床を、そしてハンディ状態では階段や車、サッシ、すき間など、使い分けることができるようになっています。

ガバどりパワーノズルを搭載

MC-BU100Jは、ヘッド部分に「ガバどりパワーノズル」を搭載。これは、通常時は床ノズルの正面は閉じていますが、壁にあたった時に前面が開くようになっており、壁際のゴミを取りやすくなっているものです。

スタイリッシュでスリムなデザイン

MC-BU100Jは、本体2.7kgと軽量の本体で、見た目も流線型でスタイリッシュさを際立たせています。特に一人暮らしの若い方には、部屋の中に置いてあっても違和感の少ないスタイリッシュなデザインに仕上がっています。

最安値価格、最安値ショップを紹介

参考価格

MC-BU100Jの発売開始時価格:35,000円+税

MC-BU100Jのパーツ・バッテリーを探す

Amazonでチェック

MC-BU100Jのレビュー、口コミ

 MC-BU100Jは、2014年に発売の、パナソニック製コードレススティッククリーナーです。すでに2013年からパナソニックが展開している、キャニスター型(横型掃除機)のコードレスタイプではなく、縦型のスティックタイプとなっています。スタンド式で、充電台に立てて充電ができるだけでなく、本体だけでも自立が可能です。

 MC-BU100Jの特長は上記にも紹介したとおり、本体のモーター&バッテリー部分を取り外して、ハンディクリーナーとしても使用可能なところですが、この2WAYタイプの縦型スティッククリーナーはエレクトロラックスの「エルゴラピード・リチウム」ZB3012/ZB3013や、日立のPV-BA100がすでに先行して発売されており、機種のデザインも、パワーやゴミ捨てお手入れといった性能面もこれらとよく似ています。

 これらの機種の共通したニーズとしては、メイン掃除機というよりはサブ(2台目)として買われているという点です。パナソニックのキャニスター型コードレスサイクロンクリーナー MC-BR31Gや、ダイソンのDC62、DC74、シャープのFREED EC-SX200といった機種のほうがバッテリーやモーターの性能がよく、メイン掃除機として使われる傾向が強くなっており、スタンド式のコードレススティッククリーナーは、概ねこうしたメイン型の機種よりパワーやバッテリーが弱めになっています。

 しかし、発売当初価格が3.5万円(税別)で、おそらく実売価格は税込2万円台とお求めやすい価格になっていくと思われますので、こうした手軽なクリーナーも高い需要があります。

 また、MC-BU100Jについている「ガバどりパワーノズル」については、もともと三洋電機のクリーナーに搭載されていたヘッドです。以前は、空間清浄クリーナー「エアシス」にも搭載されていたこともある、歴史の長いパワーヘッドとなっています。壁際のゴミを取る力に定評がありますので、主にフローリングメインで、収納場所を取らず手軽なコードレスタイプの掃除機をお探しでしたら、MC-BU100Jは注目の機種と言えるでしょう。

仕様(スペック)

型名MC-BU100J
カラーバリエーションMC-BU100J-K(ブラック)
MC-BU100J-S(シルバー)
MC-BU100J-R(レッド)
吸込仕事率非公表
消費電力不明(ニッケル水素電池使用)
本体寸法(幅×奥行×高さ)251×195×1148mm
本体質量2.7kg(スティック時)、1.4kg(ハンディ時)
運転時間約15分(HIGHモード)、約30分(LOWモード)
運転音約64dB(HIGHモード)、約62dB(LOWモード時)
集塵容積0.6L
発売年月2014年12月

MC-BU100J 関連機種

タイトルとURLをコピーしました