MC-PK15G 紙パック式掃除機のレビューと最安値価格

スポンサーリンク

MC-PK15Gは、2014年発売の、パナソニックの紙パック式掃除機です。
2013年までに発売されていた従来のPKシリーズよりモデルチェンジし、大幅な軽量化を行った掃除機となっており、コンパクトながらハイパワーを兼ね備えたクリーナーとして登場しています。
なお、MC-PK15Gはパワフル自走ノズル(パワーブラシ)搭載の紙パック式クリーナーです。

MC-PK15Gの主な特長

本体質量2.7kgのコンパクトボディ

従来機種のMC-PK14Gは本体3.5kgと、紙パック掃除機としては標準的な大きさでしたが、このMC-PK15Gは本体を800g軽量化しており、ここ近年の軽い掃除機に対する高い需要に応えるかたちでモデルチェンジしています。

本体はハイパワー吸込仕事率600W

従来機種では吸込仕事率が640Wでしたが、MC-PK15Gは小型化により吸込仕事率は600Wにダウンしたものの、高い数値を保っています。なお、ゴミが溜まってきてもパワーダウンを防ぐ「パワー持続センサー」を搭載しています。

パワフル自走ノズルでじゅうたんに強い

フローリングのザラつきを抑える「拭き掃除」機能のついたパワフルな自走式ブラシで、じゅうたんのゴミもしっかりとかき取ります。

アイドリングオフ機能搭載

ヘッドを5秒以上床から浮かせた状態にすると、自動的に運転が止まる「アイドリングオフ」機能を搭載しています。

MC-PK15Gの最安値価格、最安値ショップを紹介

参考価格

MC-PK15G発売当初価格:29,800円

楽天市場の最安値

パナソニック 紙パック掃除機 MC-PK15G

Yahooショッピングの価格

パナソニック 紙パック掃除機 MC-PK15G

Amazonの最安値
MC-PK15Gの紙パック・別売オプション

レビュー、使用感

MC-PK15Gは、パナソニックの紙パック掃除機としてはミドルクラスのモデルであり、従来、比較的標準的な大きさやパワーで、特筆すべき機能は少ないものの、コストパフォーマンスの高いクリーナーのシリーズとして発売されています。
自走式のパワーブラシ(パワフル自走ノズル)を搭載しており、吸込仕事率も600Wと申し分ないため、しっかりとじゅうたんのゴミにも対応できます。
MC-PK15Gはなんといっても、旧モデルのMC-PK14Gから800gの軽量化を行っており、紙パック掃除機ではトップクラスの軽さを誇る掃除機となっていることが特長です。MC-PK15G発売時点での紙パック掃除機最軽量モデルは、三菱電機の「ビケイ」TC-FXC8Pなど3機種(本体2.5kg)ですが、これらは吸込仕事率が500Wであるため、パナソニックはやや三菱電機のビケイ)に比べると重たいものの、パワーも強めでバランスを取っていると言ってよいでしょう。

MC-PK15GとMC-PK14Gの比較

型名MC-PK15G(2014年発売)MC-PK14G(2013年発売)
吸込仕事率600~約60W640~約80W
消費電力1,150~約200W1,150~約200W
本体寸法幅243×奥行348×高さ196mm幅257×奥行297×高さ234mm
本体質量2.7kg3.5kg
ホース・パイプ・ヘッドを
合わせた質量
4.4kg5.2kg
運転音65~約60dB65~約60dB
集じん容積1.3L1.4L
付属品2WAYノズル2WAYノズル

サイクロン掃除機でも、軽量の掃除機が今は好まれる傾向にあり、高齢の方が操作しやすいモデルや階段の昇り降りなどが必要な家庭が増えているようです。

仕様(スペック)

型名MC-PK15G
カラーバリエーションMC-PK15G(シャンパンゴールド)
吸込仕事率600W~約60W
消費電力1150W~約200W
本体寸法(幅×奥行×高さ)243×348×196mm
本体質量2.7kg
ホース、延長管、ノズルを合わせた質量4.4kg(モーターブラシ)
運転音65dB~約60dB
集塵容積紙パック式 約1.3L
発売年月2014年2月

MC-PK15G 関連機種

コメント

タイトルとURLをコピーしました